フェスティバルデイズ 日記

当サイトは移転しました。 メニューにある『移転後新館』をよろしくお願いします

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

クレジットカード 

 

クレジットカード審査の為に色々勉強したので・・(笑
せっかくなので覚えてるうちに記事にしちゃおうと思います。

持っている方なら「何をいまさら」
知らない方なら知っててへー。とかオトク? な記事を目指したいです。

クレジットカードの審査に関しての内容や感想はよくわからない、謎な物が多いので
鵜呑みにはしないでくださいね!


【クレジットカードの種類】
提携カードを含めると、それはもう世界には膨大な数のクレジットカードがあるようです。
あまりにも数が多いので申し込む際「どれがいいのかな?」と思った方も多いと思います。

★カードにひっついているブランド

VISA マスターカード JCB AMEX(アメリカンエキスプレスというそうです) ダイナース 
の5つがあるそーです。
日本でよく見かけるのは上の3つですよね。
下2つはちょっと私は持つ事がなさそうです

簡単な認識だと VISA、マスターカードは海外と日本国内でも使えて
JCBは海外でも使えますが場所によるようです、
しかし日本で産まれたブランドなので
国内ではとっても使いやすいようです。


★プロパーカードと提携カード

提携カードとは カード会社と別企業が提携して出しているカードで
認識的には使うと、2つの会社のサービスを受けれる美味しいカードのようです
お店とかでクレカ機能つけません?っていうのは殆どが提携カードなのだそう。

かたやプロパーカードはカード会社が単独で出しているカードで
こちらはインビテーション  

招待制ランクアップがあるようです。
(ゴールドカードとかプラチナカードとか・・)

ちなみに、噂だとプロパーカードのが審査が厳しいそうです。


★審査が厳しい?
一番大事な所ですね!
これが一番大事だと言われるのは、実は
個人信用情報機関という所に「申し込んだ事」が記載されるのだそうです。

かたっぱしから申し込んでしまえーと 沢山申し込むと
「お金が必要なのか?」と疑われてかたっぱしから 落ちてしまうとのこと。
かたっぱしでなくても、難しい所を転々としていくと、「緩い」所に
申し込む時には既に、難しい所に申し込んで落ちた履歴が5.6つついてて、
「多重申し込み者」として本来受かる所を、審査落ちしてしまう可能性が増えるのだとか。

2.3回程度であれば大丈夫なのだそうですが、その申し込んだ記録は6か月たたないと
消えないそうなので、失敗するとまた半年気長に待たないといけないのです。
出来れば「通りそうな所」を狙い撃ちしてみたいですね。


さて、
クレジットカードによって審査の厳しさが違うようです。
カード発行会社によって審査が違うのが原因のようですが
一般的に見た順では・・・。上から
*カードの種類は他にもいっぱいあります

↑難しい
【作れるだろうか?】:銀行系カード 三井住友、JCBとか・・
【作れるかもしれない】 :信販系カード ライフ、オリコとか・・
【作れるはず】   :流通系カード イオン、百貨店関係
【作れるでしょう】       :消費者金融系カード アコムとか
↓優しい

になるようです。
しかし、「審査」はほとんどが謎のようですので
【このカードは通ったのに、これより通りやすいはずの●●カードが落ちた!】等、
色々あるようです。ですから多分殆ど目安です。


しかし、【銀行系】カードの中でも非常に作りにくいとされてる(上ランクのを覗いて・・)のが
ダイナースカードというものです。私には今の所無縁です。
(いつか持ってみたいなあ(笑、、)



作りやすいカードというのもあるようです。
例えばアコムマスターカードとかは殆どのサイトで「作りやすい」という評価を受けています。
借金とかで有名なアコムですが、クレジットカードも使う事ができるようです

他には、楽天カードも作りやすいらしいです。
デパートでポイントカード作る時や、銀行口座を作った時などに
「クレジット機能つけてみませんか?」
キャンペーンなんかで募集している際は非常に審査は緩やかなんだそうです。
欲しい方は狙ってみるのもいいかも?・・ つい最近ではファミマTカードというものも
やってたそうです。 こちらも非常に審査が緩かったそうです。

★クレジットカード使用歴
実はクレジットカードを今までどのように使ってきたかも
審査に重要なプラスになるようです。(ヒドい扱い方だとマイナスにも・・^^;)


■本当なのか分からない難易度を知った所で・・。
★ネット申し込み
欲しいカードを探して、申し込んでみましょう。

ここで注意点が(私もやりました^^;)
埋めれる欄は絶対に埋めましょう

基本的に申し込み欄には「任意」という項目が結構あります。
書くも書かないもご自由に。 とかいうくせに何故か審査対象になってることもあるんだそう。
できれば埋めてしまいましょう

申し込み用紙はなんか「ハメよう」としてるような意図がとれるものが結構あります


★年収
一番大事そうに見えますが、審査側は、勤続年数~年齢~所属会社から、大体の年収を割り出すんだそうです。
ですから、嘘はいけないですが年収が大体でしか分からない方は「あり得そうな範囲」で
書くのがベストだと思います!

例えば書く欄に
例:400万円 とか書いていると

「え?400万以上じゃないと駄目なのか? 400万にしてしまえ」 と罠にハメられることがあるようです。
例えば例で●万円と書いていてもそれ以下でも通るので、出来れば無理せず、正直な方がいいかも・・。


★家

持家が一番いいのだそうです。
次に家族所有の家、 賃貸ー・・となっていきます。
(逃走する危険があるんだとか(^^;)

固定電話があると尚良いんだとか。


★居住年数

少なくとも1年はないと審査にマイナスになるんだそうです
(逃走する危険があるんだとか(^^;)


■次にお仕事の関係。

クレジットカードの審査だと「在籍確認」があるものとないものがあります。
ちゃんとそのお勤め先で働いているかを確認するためのものですね。
主に審査が厳しいとされている、銀行系カードは在籍確認を行う率が高く、その際に

カード会社を名乗って、電話をかけてくるのだそう。
(私の場合かかってきました^^;)
しかしただクレジットカードを作りたいだけなので気にしなくていいと思います
職場でちょっときまづい関係な方はしんどいですが、頑張ろう(笑!

あまり知られて無い場合は、「●●さん? いえ、当会社にはそのような従業員は・・」だとか
(最悪なパターンで落ちてしまうみたい^^;)

「調べてみないと分かりません」とか言われたり・・。
そうなると少し審査が悪い方に傾いちゃうんだそうなので、事前に事務所の方に
クレカを申請することを言っておくといいかもしれないですね


ちなみに在籍確認があると審査は9割方、通る方向なのだそうです。
ですがなにやら「在籍確認後、落ちた」という事も見た事あります。

これには私もドキドキしました。 期待するとドンそこに落ちちゃうかも・・w

ちなみに、所属部署とか内線とか任意で書く欄があるかもですが
ここを書いておくと自分の立場が結構良い位置ですよー みたいなことをアピールできるかも?・・


■勤続年数
1年以上が良いと言われています。
所属会社も大手だとその分プラスの審査に傾くんだとか(^_^
正社員 > 契約社員 > 派遣 > アルバイト・パート とかそんな順に有利何だそうです


■企業代表連絡先
大きい企業であればあるほど、誰だって書くのひるんじゃいますが 
もうどーにでもなーれな勢いで書いちゃいましょう!!この勇気が審査に良い方向傾くかも!


■借入
当然無しのが良いです 
あると、審査が難しいカードは落ちる確率が高くなるのだそうです。

■その他
オトク情報を受け取る 等は一応○にしておいた方がいいんじゃないかな?と
個人的には思います!

入力し終わったら、3.4回見返しましょう。どこか間違いはないか・・。等
間違いがあるとほぼ落ちます(^ω^;

おkでしたら、申し込み完了!お疲れ様でした。



★クレヒス
クレジットヒストリー
RPGでいう経験値です。今までどのようなクレジットの使い方をしてきたかで
「この人なら渡しても大丈夫そうだ」という目安にするのだそうです。

あった方が良いようですが、私は無い状況で銀行プロパー、ヤングゴールド挑んでいたのでした・・(笑

クレヒス無い場合は年齢を重ねると逆に怪しまれるそうですが
若いうちは無茶してほしいカードを選んでみるのも私はアリかな?なんて思ったりします。

私の場合、年収もゴールド基準より低く、クレヒス無いから正直通る確率が超低かったので
それが逆に通ったのは多分「クレヒスが無い 事が逆に通った理由になってたりしないかな?・・」と
思ったりもします。 初めてのカードなわけですから(^^;

ですが落ちると当然後が不利になるので、本当玉砕覚悟^^;


★瞬殺

クレジットカードの審査は機械審査の後人の目を通す審査があると聞いています。
機械審査は凄い速度で審査を完了して、応募者に「残念メール」を送りつけてくる
無慈悲な奴です。 早い時は10分以内で「残念ですが・・」というメールがくるんだとか。

これが「瞬殺」と言われるものなんだそうです
人がやってるかと思うと悲しいですが多分機械なので、あってもメゲナイで頑張りましょう。



以上でございます!
この記事に書いてある内容は全てにおいて不確かです。
でも言えるのは初めてのクレカ作成に必要なのは勉強♪!
本当申し込みだとか、コツを勉強しておくと大分通りやすくなると思いますので
まずは簡単な勉強から入る事をおすすめします~

クレヒスを作ってから本命のカードを作るか、
玉砕覚悟でいきなり本命のカードを狙うか、

考えれば考えるほどクレカって楽しいです(危険
ちなみにクレカにも絵柄のキャラクターカードがあるようで、ファンアイテムとしても
あるようです。 これでも落ちるとかわいそうだなあ・・(笑



★在籍確認時、申し込み者確認時に審査の状況が分かるかもしれない?
あくまで「分かるかもしれない?」です。

本来「審査中」のものを「通った」ともとれる内容を聞きとることができました。

申し込み者確認とは、申し込んだ人に間違いないかの本人確認です
申し込み者確認の最後は、大概の場合は「それでは審査を継続させていただきます。失礼します」
で終わるんだそうです。私も最後それで終わりました

しかしここで住所や電話番号とかも聞いてきますが、
電話番号は固定電話と携帯電話2つ書いていると 

私、
「携帯か 家の電話番号のどちらがいいですか?どっちもがいいですか?」と
聞いた際に 「●●さんと、ご連絡がとれるほうで」という言葉をもらえました。

審査落ちした場合は電話で連絡をとることはないので
「うかってるかもー!」と喜んでいました。


・・・気のせいかもですね・・(笑





category: 何かに役立つかもしれない情報

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://festivaldays.blog.fc2.com/tb.php/222-a621752f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。